料金プランからみるイーモバイルの強み

出来るだけ安くスマートフォンを使いたいのなら、イー・モバイルがオススメです。

イー・モバイルのスマートフォンの特徴は、その利用料金の安さになります。

 

提供されている料金プランは3つあり、3Gプラン、4GーSプラン、LTE電話プランとなります。

LTE電話プランの最安値契約ですと月々の料金が3696円となります。

イー・モバイルLTE対応のスマートフォンでの料金プランとなりますが、テザリング料金もコミなので嬉しいですね。

通話料金は、イー・モバイルのスマートフォン宛ですと24時間通話無料となっていて、他社への通話料は30秒/18円です。

 

またオプションプランでもあるだれとでも定額に加入するこで、他社携帯電話やPHS、固定電話へ10分以内の通話は月に300回まで0円です。

4G-Sプランでも最安となる月額利用料金は3696円です。こちらは4G回線を使用するプランですね。

 

基本使用料が934円かかるのですが、4G-Sスマホ割の割引を適用することで基本使用料が無料となります。

データ定額割に加入すると上述の月額利用料金になり、テザリングに関しても料金はコミです。

最後に3Gプランですが、こちらはスマートプランとスマートプランライトに分かれます。

 

スマートプランはデータ通信をメインに使用する人向けのプランとなっており、最安で4743円の月額料金です。

スマートプランライトでは、通話を楽しむ人に向けたプランで、1887円〜6077円の月額利用料となります。

この利用料金は、だれとでも定額、EMnetの使用料も含んだ料金です。

料金的にはざっと書いた通りです。

 

携帯電話の3大キャリアの月額料金はおよそ7000円弱ですので、いかにイー・モバイルが安価なのかは一目瞭然ですね。

高速通信における通信量制限の上限が5GBと違いはありますが、テザリング無料も考えるとイー・モバイルのスマートフォンはかなりコストパフォーマンスが高いと言えます。

コストパフォーマンスから見た特徴

イーモバイルのスマートフォンはコストパフォーマンスに優れています。

その最大の特徴は料金が安価なことです。

 

イーモバイルのスマートフォンの最低月額料金は3696円となり、大手キャリアと比較するとかなり安価ということが解ります。

大手キャリアのおよそ半額近くの利用料金であるのは、大きな特徴ですね。

 

イーモバイルのモバイルデータ通信は、EMOBILE 4GとEMOBILE LTEの2つがありますが、こちらのデータ通信端末の利用料金もかなりのコストパフォーマンスが高いと言えます。

特にEMOBILE 4Gは高速無線通信の中でも最高水準の通信速度を誇っているのにもかかわらず、月額利用料金は3696円からとなっており、その品質の高さから考えると安価であると言って良いでしょう。

 

EMOBILE LTEも同様の価格ですから、そのサービス内容から考えると他社よりも有利ですね。

 

また、スマートフォンの端末代金も、割引を適用すると実質0円で購入出来たりと、かなりお得です。

特にイーモバイルで提供しているスマートフォンはスペックそのものも高く、タブレットとして人気の端末のGoogle NEXUSシリーズなども投入されています。

 

もう1つ、優れているポイントは、オプションプランの充実度にあります。

例えばですが、他社では有料オプションとなるテザリングも、イーモバイルでは最大8台まで無料で行うことが可能です。

 

他にも、ウィルコムの人気オプションである、誰とでも通話プランはイーモバイルにも導入されています。

イーモバイルですと、月額1400円程度支払うだけで、10分以内の国内通話は無料になる(1ヶ月に300件まで)ものがあるので、通話を良くする人はこちらのオプションをつけても、まだ2000円程度はキャリアより安価に済みます。

 

他にも従来の3G回線であっても、イーモバイルは新型のものを使っているので、他社よりも下り速度が速いことも珍しくありません。

スマートフォンそのものの端末に関しても高スペックの物が揃っていますので、コストパフォーマンスはかなり高いはずです。

 

現時点でスマートフォンを安く運用したいと考えたら、イーモバイルは候補筆頭にあげられると言っても過言ではありません。